命の尊さを考える。~日経新聞、坂東眞砂子のコラム~

プロムナード(日経新聞18日) 子猫殺し―――坂東眞砂子
こんなことを書いたら、どんなに糾弾されるかわかっている。
世の動物愛護家には、鬼畜のように罵倒されるだろう。
動物愛護管理法に反するといわれるかもしれない。
そんなこと承知で打ち明けるが、私は子猫を殺している。
家の隣の崖の下がちょうど空地になっているので、生れ落ちるや、
そこに放り投げるのである。
タヒチ島の私の住んでいるあたりは、人家はまばらだ。
草ぼうぼうの空地や山林が広がり、そこでは野良猫、野良犬、
野鼠などの死骸がころころしている。
子猫の死骸が増えたとて、人間の生活環境に被害は及ぼさない。
自然に還るだけだ。
子猫殺しを犯すに至ったのは、いろいろと考えた結果だ。

私は猫を三匹飼っている。
みんな雌だ。
雄もいたが、家に居つかず、近所を徘徊して、やがていなくなった。
残る三匹は、どれも赤ん坊の頃から育ててきた。
当然、成長すると、盛りがついて、子を産む。
タヒチでは野良猫はわんさかいる。
これは犬も同様だが、血統書付きの犬猫ででもないと、もらってくれるところなんかない。
避妊手術を、まず考えた。
しかし、どうも決心がつかない。
獣の雌にとっての「生」とは、盛りのついた時にセックスして、子供を産むことではないか。
その本質的な生を、人間の都合で奪いとっていいものだろうか。
猫は幸せさ、うちの猫には愛情をもって接している。
猫もそれに応えてくれる、という人もいるだろう。
だが私は、猫が飼い主に甘える根元には、餌をもらえるからということがあると思う。
生きるための手段だ。

もし猫が言葉を話せるならば、避妊手術なんかされたくない、子を産みたいというだろう。
飼い猫に避妊手術を施すことは、飼い主の責任だといわれている。
しかし、それは飼い主の都合でもある。
子猫が野良猫となると、人間の生活環境を害する。
だから社会的責任として、育てられない子猫は、最初から生まないように手術する。
私は、これに異を唱えるものではない。
ただ、この問題に関しては、生まれてすぐの子猫を殺しても同じことだ。
子種を殺すか、できた子を殺すかの差だ。
避妊手術のほうが、殺しという厭なことに手を染めずにすむ。
そして、この差の間には、親猫にとっての「生」の経験の有無、子猫にとっては、殺されるという悲劇が横たわっている。
どっちがいいとか、悪いとか、いえるものではない。
愛玩動物として獣を飼うこと自体が、人のわがままに根ざした行為なのだ。
獣にとっての「生」とは、人間の干渉なく、自然の中で生きることだ。
生き延びるために喰うとか、被害を及ぼされるから殺すといった生死に関わることでない限り、人が他の生き物の「生」にちょっかいを出すのは間違っている。
人は神ではない。
他の生き物の「生」に関して、正しいことなぞできるはずはない。
どこかで矛盾や不合理が生じてくる。
人は他の生き物に対して、避妊手術を行う権利などない。
生まれた子を殺す権利もない。
それでも、愛玩のために生き物を飼いたいならば、飼い主としては、自分のより納得できる道を選択するしかない。
私は自分の育ててきた猫の「生」の充実を選び、社会に対する責任として子殺しを選択した。
もちろん、それに伴う殺しの痛み、悲しみも引き受けてのことである。


27日のコラム
=天の邪鬼タマ=
 うちの飼い犬は3頭いる。二頭はジャーマンシェパード、雌のミツと雄のクマ。 もう一頭はミツの娘のタマだ。タマは、近所の雑種犬との混血だ。ミツとクマには犬小屋があるが、タマはいつもそのあたりを宿にして放し飼いである。
 母娘だからというでもないだろうが、どういうわけか、ミツとタマ、同時に発情期となってしまう。当然、出産も数日違い。前回、ミツはタマの仔を自分の仔だと思って奪い、タマはそれを取り返そうとし、私はどちらの仔か分からなくなり、あたふたしているうちに、両方の仔、みんな死んでしまった。
今回もまた同時に出産したので、涙を呑んで、タマの子は生まれてすぐに始末した。その数日後である。朝の散歩の後、ミツとクマは自分のねぐらに入るのだが、出産後のミツは自分の仔を置いている逆さにしたボートの下にもぐりこんだ。するとタマが、ミツの犬小屋に入りこんで、ちょこんとおさまった。
 こんなことは初めてだ。
 それから毎日のように、この調子だ。しばらくすると出てくるのだが、タマがいないなと思うと、ミツの犬小屋を占領している。
 タマはミツになりたいのだ。ミツならば、子供がいなくなることもない。立派な犬小屋だってある。犬なりにそれを悟ったのだろう。タマは単純に、ミツの小屋にいれば、ミツになれると考えたのだろう。
 瓜子姫(うりこひめ)という話がある。瓜子姫は美しい娘で、お殿さまに嫁入りが決まった。それを知った天の邪鬼が、瓜子姫になりたいと思って、お城に向かう輿入れの中に、瓜子姫の代わりにおさまった。お伽話だから、もちろんばれて退治されてしまった。
 誰かの場所に納まることは、人間にとっても身近な行為である。最も手っ取り早いのは、ファッションだ。憧れのスターが身に着けてるというだけで、そのブランド品が売れるのも、ここに源泉がある。
 ファッションだけでは満足できないと、その地位を分捕ることになる。会社や政界における地位争いから、妻の座を奪おうとする愛人の行為にまで、この天の邪鬼心理が市民権を得ている社会ではないだろうか。
 しかし、天の邪鬼は、瓜子姫ではない。衣装や地位の中にもぐりこんでも、中身が違う。そこで、天の邪鬼の個人性、オリジナリティーが圧殺される。一方で、瓜子姫自体の定義が緩やかになる。後釜は、その地位にいるだけで適度な普遍性さえ保っていれば「誰でもいい」(犬の場合なら、犬でありさえすればいい)ことになる。
 私を煩わせる質問に、「尊敬する人は誰ですか」というものがある。額面通りに受け取ると、尊敬する人がいてもいいのだが、私の中の危険信号が、そんな質問には答えたくない、と点滅する。
 「尊敬する人」「憧れの人」は、日本社会に置いては、いとも簡単に、真似てしまいかねないのだ。
 「右にならえ」のファッションの傾向、「後釜に座る」習慣、モノマネ大会やカラオケの流行など、この会社は、天の邪鬼心理に流されやすい。これを人は文化と呼ぶが、実は犬並みの本能からくる習性に過ぎないのではないか。


---------------------------------------------------------------------------------------------
以下私の感想。
「日経新聞は動物は殺していいんだよ。」と自ら言ってると理解してしまう。
そんなことありません。 動物も命あるものです。
「死なせていい命なんてねーんだよ」(医龍 朝田先生より(笑))ってことです。
歪んでいる時代に「新聞に書いてあったから、動物を殺した。何が悪い?」なんてことが出てきそうで恐いです。

私は、避妊・去勢は賛成派です。
自分の家で飼えるだけの動物の命を授かればいいと思います。
飼えないなら「産ませるな」です。 避妊・去勢をしていれば、交尾をしたいと言う欲求も無くなります。
ネコの場合、餌を食べると言う好意が楽しみになると聞いています。
ワンコだって、避妊・去勢をしていて不幸な子はいるでしょうか?
愛玩動物として、一般家庭で暮らしてるワンコは自然ではないと私は思っています。
全て人間のエゴである可能性は高いです。 しかし、動物もそれなりに妥協し、家族として仲間入りしてると私は思います。

大きくとりかざしている、動物虐待や家庭崩壊はほんの一部しかすぎず、家族の一員の顔をして暮らしてるワンコの方が実はすごい多いはず。
それを頭において欲しいです。
人間「情」を失うと思いたくないですしね。。

最後にトラバ・コメントは自由です。
コメント返しが出来る状態でない場合、みなさんで議論して欲しいと思います。
どうぞご理解くださいませ。 
まあ、だからと言って書くだけ書いて放置はしません。


下の返信は会社に行ってからさせてくださいませーm(__)m
[PR]

by aippo | 2006-08-22 06:50 | ペットニュース  

<< カイカイ・・・その後・・・ 第88回全国高校野球選手権大会決勝 >>